スキン着用で性病リスクが低い雄琴ソープ

スキンの使用を徹底しているお店では性病感染率が低いと言われています。

スキン着用で性病リスクが低い雄琴ソープ

今、日本各地で性病が増えています。
特に増加しているのが梅毒で、ここ数年毎年年末には感染者数の新記録が更新されることでニュースになっていますが、その原因が風俗にあるというのはよく言われることです。
ソープなどはその槍玉として挙げられやすいのですが、男性側も気を付けていればそうそう性病にかかることはありません。
その際重要になるのがスキンの存在で、これを徹底しているお店では性病感染率が低いと言われています。

雄琴は昔からスキン着用が基本

ソープでも最近はスキン着用を徹底する所が増えているのですが、昔からスキン着用を徹底していたソープ街もあって、それが雄琴のソープ街。
ここを管理する滋賀特殊浴場協会に登録しているお店では、基本的に全店スキン着用が義務付けられています。
そのため、ほぼ全店がこの協会に加入している雄琴ソープ街のソープランドは、どこもスキン着用が基本となっています。

近場の福原ソープ街の現状は?

よく雄琴と対として語られることが多い福原ソープ街では、スキンを着用しないNSサービスが受けられる店が多くなっています。
高級店では大半がNSでのプレイになりますし、大衆店の中にもNSでプレイをしているお店があります。
そうなると当然性病感染の話は出てくるわけですが、やはりそういったお店における各種性病の感染率は高いようで、ネットなどでも感染したという話は目にすることができます。
HIVなどのような重篤な性病については出ていませんが、淋病やクラミジア、コンジロームやといった比較的軽度なものについては、それなりに報告件数は多いようです。

リスクを考えるなら雄琴はアリ

もちろん、雄琴でスキン着用していたとしても、性病が100%防げるわけではありません。
性病は、種類によっては性器だけでなく喉にも菌が留まり、キスをしたりするだけでも感染したりします。
こうした類の病気に関してはスキンでは防げないわけですから、必ずしも雄琴なら安心とは言い切れないのです。

しかし、ソープ遊びをする以上は性病は絶対に避けられないものですから、少しでもリスクが低い所で遊ぶことは賢い判断です。
それだけでも雄琴ソープを利用する価値というのはあるでしょう。

風俗の安全性というのは、梅毒感染者数が増加し始めた2013年以降は毎年言われる問題となっています。 少しでも安全にソープ遊びを楽しみたいのであれば、感染リスクの少ない雄琴で遊ぶようにしてみてはいかがでしょうか。

最新情報

雄琴の歩き方の記事