ここ数年外国からの観光客が増えている
雄琴で外国人でも遊べる店はあるのか

環境客の増加と共に風俗店を利用する外国人も増加
厳しい管理体制が敷かれている雄琴では遊べる店は
果たしてあるのでしょうか。

外国人が増える東京のソープ、雄琴のソープは?

日本では、ここ数年外国からの観光客が増えていて、その理由というのが2020年の東京オリンピックでしょう。昔から観光国として人気のある国だったのですが、東日本大震災による原発問題で一時期は一気に観光客が減少してしまったものが、オリンピックのお陰でかなり盛り返したという具合です。

それによって小売業界などは外国人らの購買意欲刺激するようなキャンペーンなどを打ち出したりしていますが、ソープランド業界も同じように外国人をターゲットにする店も増えてきました。東京の吉原などは特に顕著で、かつては外国人お断りの店が多かったのですが、最近では外国人観光客でも遊べる店が増えてきています。外国人向けの観光雑誌にも吉原が取り沙汰されていて、その中に外国人でも遊べる店が紹介されています。

関東圏のソープランドではそういった傾向にあるわけですが、有名ソープ街の一つである雄琴ではどうなのかというと、雄琴のソープランドではまだまだ外国人観光客が遊べる店は少なく、外国人観光客が増えるということはないようです。

外国人観光客が増えることで、お店側としては売上が伸びているようなのですが、それよりも大きなデメリットが発生していることは看過出来ません。吉原のソープランドでは梅毒などの性病が蔓延しつつあると言われていて、それが風俗とは関係無い方面でも広まっていると言われています。しかし、雄琴ではそういうこととは無縁なので、まだ安心して遊ぶことが出来ると言えます。

元々、雄琴のソープランドは全国的に見ても性病などに関してはかなり力を入れて予防策を講じていて、雄琴ソープランドはほぼ例外無く全店スキン有りのサービスとなっています。他の地域では高級店であればほぼ絶対ノースキンでのサービスになりますが、雄琴では高級店でもスキン着用となっています。

また、外国人客による問題の一つでお店でのコンパニオン女性のトラブルというものが発生しやすくなっています。それによってソープ街全体の雰囲気がピリピリしてしまい、足を運びづらいという雰囲気になっていると言われていますが、もちろん雄琴のソープランドではそんなことはありません。

最近の吉原などの雰囲気に慣れない女性が、ある程度落ち着くまで雄琴などに出稼ぎにきているというケースもありますので、むしろ雄琴をホームにしている人からすれば有り難い傾向と言えるかもしれません。

雄琴のソープランドが今後も外国人客を受け入れる可能性は無いとは言えませんが、まだまだその可能性は低いでしょうし、当面の間は安心して遊ぶことが出来そうです。

最新情報

雄琴の歩き方の記事